9月12日 タチウオジギング

キュー

そういやワイ、夏タチやってねンだわ。

という事を前に書きました。

2019091519403455f.jpeg


台風の影響で職場がネットが不通。正直ネットが使えないと仕事になりません。
いや、正確にはなるのですが、著しく効率が落ちる。

なのでワイはタチウオジギングに行くことにしたのである(サボり)。

とりあえずワイはまだ2ツ抜けしたことないので目標は2ツ抜け。
最近調子が良いようなので今日こそ達成できると信じたい。
しかし、いつもいつも

「昨日までは良かったんだけどね・・・」

というパターンを喰らうのがワイ。
いくら釣りやすい浅場の富津沖でのタチウオとはいえ油断はできない。


早朝そんな事を考えながら、こなや丸さんに車を走らせる。この日の乗船順は受け付け順。ワイはもちろんケツで9番目である(笑)
ワイごときの腕なら場所でどうこうってのはほぼないやろし、昨日予約とった時点(17時ぐらい)で6名とかだったので、まあ順番はどうでもええやろと。そして9番目でも右舷トモ寄りの胴の間を確保できたのでOK。場所はバッチリや。

それとこの日は毎日毎日飽きずに見ている「釣りビジョン」オフショアマガジンの取材が来てると来たもんだ。釣りビジョンの方が右舷のトモだったのでお隣。船がポイントに着くまで色々とお話しさせていただきました。この日の模様は多分17日にオフショアマガジンにUPされると思いますので興味ある方は見てください。

で、それは兎も角、ポイント到着というか富津沖に到着前に(多分)船が止まる。

船長「サワラのハネがあるので皆さん狙ってみてください」

なるほど。常連の方々がスピニングタックルをもってきていたのはこのためか(笑)
事前情報がないワイはそんなもの持ち込んではいないので、精一杯100gのジグをアンダーで30m投げてジグで狙ってみる。
この日は購入してから一度も出番がなかった(タコの時持ち込んだけど出番なかった)


18 オシアコンクエストCT 301HG (左)


と、


ヤマガブランクス(YAMAGA Blanks) SeaWalk Sabeling 63M

の初陣です。水深は15mぐらい。サワラジギングは2月に痛い目に合ってるからあんまりなー・・・とワンピッチジャークしてると

グググ・・

と抑え込まれるようなアタリ・・・
乗りはしたが、あんまりひかない(笑)
何か魚かかったんやろうけど、なんや?!


20190915194113b1f.jpeg

・・・タチウオや。早速本命が釣れた(笑)



船長「タチウオが釣れた(笑)」

・・・船長も意外だったのね(笑)
船中ファーストヒットは意外な事にワイのタチウオでした。早速お隣の釣りビジョンさんに撮影される(笑)サイズ小さいから記事には使わんで欲しい・・・。

サワラのハネは暫く続き、2本ほど左舷で上がった模様。右舷は平和そのもの。
何故がワイはその後もタチウオを追加(笑)

船長「結構当たりますか?」

ワイ「いや・・・そうでもないです」

そう、ジグにアタリがあったのは3回(今思うと悪くはない)だけ。

あくまで本命は富津沖のタチウオなので(多分)、ハネが収まると船は富津沖に向かう…がなかなか船が止まらない。
恐らく反応がすぐに消えちゃうんでしょう。
暫くすると安定した反応が出たようで船は止まり、本命のタチウオジギング本格開始。

船長「まずはジグは100gからやってみてください」

了解や。ワイはとりあず先ほどヒットした

JACKALL(ジャッカル) アンチョビメタル タイプゼロ 100g オレオレオレキン
を投入しワンピッチで誘うと直ぐに強いアタリと共にラインテンションが抜ける・・・やられた・・・切られたわ。

1月のジギングでもヒットジグをことごとく切られて失い、ジグをころころ変える羽目になり・・・
手元に残るジグがクソみたいな反応のないジグになり(今思うと操作法がわかってないだけ)後半ほとんど釣れなかったという苦い経験がよみがえる。しかしだな。このTYPE0は自分の中では信頼しているジグであり、安価という事もあり、同じ重さ同じカラーのものはスペアとして2つ持ち込んであるのだよこの野郎。


しかし、問題はリーダーが残り30㎝ぐらいしかない事。

ハ!!そんなこともあろうとな。ワイは予備タックル用意してあるんや。
反応有った今はリーダー結びなおしとる場合やない。アタリ有ったアンチョビメタルのスペアを手早く投入・・・

するものの・・・ジグが右にえらい流される。

船長「潮が速いようなので120gぐらいにしたほうが良いかもしれません」

了解や。でもワイ、アンチョビメタル・・・130g(120gは存在しない)のTYPE0は持ってねンだわ・・・。
130はTYPE1と2しかないな・・・。まあそれでもええんやが、なんとなく他の人が釣ってるルアーはセンターバランスのやつっぽいな・・・120のやつ、そういえば・・・こなや丸カラーのアレがあったな。


ティムコ(TIEMCO) メタルジグ ルアー オーシャンドミネーター センターバランス 107mm 120g コナヤIII 220

これや・・・。このカラー、通称「七面鳥カラー」というらしくて爆発力抜群らしいで(クルーのやつの話だけど)。

よっしゃ!!これつこうたろ!!

そして早速ヒット。
しかしアタリは続かず船は頻繁に移動を繰り返す。
どうやら反応がすぐ消えてしまったりするっぽい。
移動の最中にメインタックルのリーダー結束を仕直し、極力タイムロスがないように心がける。

ジグはこの後色々試すが、どうやら自分のワンピッチに一番合っているジグはコレの模様。
カラーもピンクとかそういうので他の人あげてるようだが、ワイ的にはこれが一番いけてると判断し、今日はひたすらコイツで押し通す決断をした。ロストしたらその時はその時。

この決断がハマったのか、沈黙する時間もあったが(そういう時は周りもイマイチだった)、判断は正しかったらしく

20190915194408317.jpeg

自己記録となる27本をあげれました。

活躍してくれたオーシャンドミネーターは・・・

201909151940482f1.jpeg

新品だったのに誉れ傷だらけに。
結局27本中24本をあげてくれました。抜き上げバラシが4本ほどあったので、都合28本のタチウオをかけてくれた。この日以前にも何本かタチとサゴシをあげてくれてますし(カラーは違うけど)この日で自分の中ではこのオーシャンドミネーターが絶対になりました(笑)

竿頭の方は右舷ミヨシの方で30本。正直他の人はもっと釣ってると思ってましたが・・・結果的には2番手だったようです。

しかし課題も残り、型狙いで走水に行ったときに(深場)は自分は全く反応を得ることができなかった(ほとんどの人もだけど)ので、今日は浅場だったので簡単だった・・・のかもしれない。現に竿頭の方は深場でも釣られてましたし(その差で竿頭逃した)。まだまだ修行が必要だと感じました。

なんにせよ、今回結果が出たし、以前よりは引き出しも自信もし付き、とても印象深い釣行になりました。

また近日中に行こうと思います。


関連記事
Posted byキュー

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply