6月19日 ルアーシーバス

キュー

今年は去年に比べると坊主率がかなり下がっていて、今のころ勝率0.776。
今年の本数は現時点で189本(総数)。内フッコ以上のキャッチ数は59本。
去年の今頃のキャッチ総数は62本、内フッコ以上が47本だったので数は伸びていますが、
数の割にはサイズが出ていません。自分でも去年よりも上達したのは実感してはいるのですが・・・

ここ最近一つの考えがどうしても頭をよぎるのです。

現状の自分のスタイルとしては、獲れる魚はセイゴだろうが何だろうが獲るというスタイルで
タックルもそういうのに向いているタックルを使用しています。

果たしてこれが正しいスタイルなのか?

大物を釣ってこそのルアーシーバスではないのか?


と自問自答をしてしまいます。


そのストロングスタイルを貫くには・・・

坊主を恐れずにひたすらサイズを追い求める精神力が必要だと思うんですよ。

シーバスデビュー1年半のNewBieが何を生意気なことをという方もいるでしょう。

そう、確かに自分にはサイズ狙いに徹する覚悟と経験が足りない・・・。

それが自分でもわかっているので、今は現状のスタイルを貫きたいと思います。
そしてその覚悟ができるまでにはあと何年も必要になるかもしれません。

もしかしたら一生無理かも・・・(笑)


前置きはこのぐらいにして、この日はHさんと同行。
先行者は2名。

投げれど投げれどバイトが遠い。
散々移動しまくって色々試すもなかなか反応が得られない。

そろそろ時間も折り返し。
頭の中に「坊主」という文字がチラチラし始めます
もう一本上げておかないと・・・。

昨日も表層だったし、今日も表層でイけるはず。
ボラの跳ねる音とは違う、シーバスっぽい捕食音が時たま聞こえるには聞こえるんです。
バチの時みたく弱々しい音ですので、ベイトは表層を群れで泳ぐ何かの小魚(サヨリの稚魚・ハク・シラス?)だとは思うんですよね。ただ、魚が薄い気がする。多分回遊の時間がおそらくもっと深夜の時間帯なのかな。

それならば居着きの魚狙いましょう。
7~8割方魚が付いているであろうと自分が確信してる場所を
マニック95で攻めると強烈なバイトがあり乗りかけるがあえなくフックアウト。

反応があったからといってルアーを投げまくってスレさせたくないので、
その場所を外して10分ぐらい違う方向にキャストしてから再度同じコースをマニック95でトレースしてやると
やっとこさキャッチできました。

IMG_E6943.jpg

一番最初のバイトの魚よりもかなりサイズダウンしてしまいました。

再度また同じコースをトレースしても反応がないのでHさんと合流。
常時流れのある場所を攻めるも、ワンバイトのみで終了。

中々この日は厳しかったが、何とか今日も坊主は免れました。
Posted byキュー

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply