8月1日 オフショア五目ルアー(昼)・ヒラスギキ狙い(夜)

キュー

昼の部

友人のボート所有者が船を出すからまた乗らないか?との事だったので行ってきました。
この船に乗るのは3回目で、前回は6/13に乗っています。
前回の模様はこちら

出船最初のうちは凪模様でしたが、富津岬から先あたりは若干のうねりがある。
普通の遊漁船ならば全く気にならないレベルのうねりなんでしょうけれども、こちらは50馬力のプレジャーボートなので結構大変です。移動中には頭からザンザン潮を被る事になるわけです。なかなかにきつい(笑)。

とりあえず富津沖あたりにいるタチウオ狙いの遊漁船を探しそれに寄生する感じでタチを狙ってみます。
色々試すが何をやっても不発。周りの遊漁船をよく見ると、皆さん天秤のエサ釣りでしかも釣れていない。
ルアーで有名な遊漁船はたぶん走水のほうに行っているんでしょう。若干のうねりがあるこの日の状況では走水あたりまで行くのはちょっとしんどそうなので、太刀狙いはあきらめ、友人に任せて適当な場所を流してみることに。
友人は「4番ブイ」と呼ばれるあたりを攻めるのが好きらしく、その周辺を流し色々やってみます。
しかし異常なし。これまでノーバイト。時間はもう14時を回っています。
出船したのは9時ぐらいだったので5時間ほど何もなかったということになります(笑)
しかしね・・・魚探にはどこに行ってもベイトらしき反応は有るんですよね。けど何もない。

時間的にやれてもあと2時間ぐらい。
これではいかんと、第二海堡周りを攻めようと提案し移動。

これが功を奏したのか・・・

202108171036230c5.jpeg

20210817103636d9b.jpeg

ようやく魚を手にすることが出来ました(笑)
その後は都合8本のワカシ~イナダサイズ+ホウボウとあとなにか(忘れたけど多分フグ)を釣りあげ
昼の部は16時で沖上がりしました。

今回は第二海保と第一波海堡間の水深8mぐらいから流し始めて20mぐらいまで流したら8m付近に戻るという感じで攻めてました。魚探の見立ても今回で多少はわかるようになった気がします。
(魚探見て、どれがベイトで、どれが捕食者で、ベイトが今どんな状態なのかとかそういうのが何となく)


夜の部


どちらかというと、この日は夜の部が本番でありまして・・・
夜の部は昼の部から2時間ほど休憩を挟み、木更津のカズボートさんからの出撃でヒラスズキ狙いをやってまいりました。
メンバーはAさん。R君、自分の3名。2名ともシーバスの経験豊富で腕も確かです。

出船して間もなく昼にタチをやったあたりでワインドで再度タチを狙いから入ります。
ほどなくヒットするものの途中でバレ。その後もアタリはあるが乗らずやリーダー切られたりとかで結局ノーキャッチのままヒラスズキ狙いに移行・・・したものの「無」の世界。

ここまで何もないのは船長も経験がないようで・・・乗っているメンバーは経験豊富なのに(笑)

しばらく粘るも全くダメなので泣く泣くポイントを見切る。
移動を兼ね、途中で通る常夜灯下で坊主でのがれのノーマルシーバス狙い。
普通に釣ったのでは面白くないので全員トップ縛りで。

うん。まあ普通に釣れる(笑)

2021081710354242b.jpeg

2021081710355791f.jpeg

カズボート秘蔵のポイントらしいので画像はこの2枚のみです。
マルはやればいくらでも釣れそうな感じでしたが、あくまでも今日はヒラ狙いです。
本命を狙う為、すぐに切り上げて違うヒラポイントに入ります。

が、アタリはあるが乗らない(笑)
最終手段でトラップシャッド+JH4gにヒットがあるがバレ。
(これは多分魚影からするとヒラフッコだったと思います)

何か所か移動し、Aさんが子GTを釣りあげたりもしたが、
結局本命はR君が釣ったヒラセイゴのみで残念ながら時間切れで納竿となりました。
いやー昼夜トータルで14時間ほど海上にいたので非常に疲れました(笑)
ましてや本命のヒラスズキが不発だったとなれば猶更ですね。

ヒラスズキ狙いはまだ秋も行けるみたいなので9月にでもリベンジしたいけどどうだろうなあ。
あんまり釣れる気しないな(笑)

関連記事
Posted byキュー

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply