12月17日 タチウオ延長戦

キュー

この日はタチウオを狙いました。
場所は秘密ですが1級ポイントの中でも
一部のマニア(と言ってもうちらだけ)だけがポールポジションだと思っているマニアックな釣り座で開始。

開始3投目のキャスト後のフォール中にヒット。

201912181136043c6.jpeg

こういう時って大抵高活性の場合が多い訳なんだけど・・・今日はどうなんだろうか。
もう数も少なくなってきてるだろうしなあ・・・

という心配は無用でした。

20191218113612da1.jpeg

20191218113622634.jpeg

201912181136309b8.jpeg

全てジョルティ30gのストライクオレンジでのヒットです。
この時間帯は10バイト7ヒット4キャッチでした。抜き上げバラシが2本ほどあったのが悔やまれます。
ヒットパターンは結構明確で、前半がロングフォールでのバイトで、特に7回アクション入れた後のロングフォールにバイトが集中しました。(6バイト)後半は同じメゾットの7回アクション中の2~3回目でのバイトでした。

気になったのは2枚目の画像のタチで、F3ギリギリサイズです(リリース)。
今期のショアタチでの最小サイズでした。逆にこのサイズが釣れるのは珍しい。
こんなやつでも結構引くのですけど、これが釣れた時は周りもこのサイズが一斉に上がってました。

今まで釣れなかったサイズが釣れるようになった・・・という事は・・・
このサイズのタチが新しくまた入ってきた・・・という事なんだと思います。
まだまだタチは楽しめそうな予感です。

時合後は散発的に甘噛みがある程度だったんで、もうやめようかとも思ったのですが
一応もう一本釣って5本にしたかったので、手を変え品を変え粘ってみるとジョルティミニの14gに反応が得られました。
5~6回あたり、一本ばらし・・・その後は反応が無くなったのでカラーチェンジし、その1投目のロングフォールでヒット。

2019121811363802f.jpeg

この一本で満足したので、その後数投して納竿しました。

全体的にこの日はフォールに反応が良かった。
特に時合中はベースにしている22gのフォールよりも30gのフォールの方が良かったし
後半戦は30でも22でも15でもダメで、ミニの14にしたらやっとまとまったバイトが出た感じでした。

フォールスピードはこの釣りの肝だと思います。
はやく落とした方がいい場合もあるし、ゆっくりが良い時もある感じですね。

良くわからないのはケミホタルの存在で、つけた方がいいような気もするし、つけない方がいい気もするし・・・
この日の時合中はケミをつけませんでした。時合が終わった後は付けたり外したりでしたが、結果付けてた時にバイトが集中したので効果があったのかなかったのか・・・よくわかりません。

ですが・・・

「ケミがない方が良い場合がある」

という事だけは確かだと思います。
これは実際に経験しているし、仲間内でも同意見なので多分あっていると思います。

特に時合中は。


【ヒットルアー】






関連記事
Posted byキュー

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply