11月24・25・26日 ショアタチウオ

キュー

24日

テスター仲間のNさんがルアーを投げているとの事でしたので顔を出しに行く。
この日の時点ではまだイナダが上がっていて、Nさんも一本上げたとの事。

タチの時合にワインドやらジョルティやらで攻めるが自分は1回甘噛みをもらったぐらいで終了。
Nさんは1本あげておられました。

この人、本腰入れてルアーやり始めたらどんだけ釣るんだろうか(笑)


25日

昨日がやばい結果だったので、今日も多分やばそうではあるとは思いつつも行ってみる。
釣れなくなることを確認するのも大事な事です。
ましてや、湾奥タチウオ祭なんてほとんどの人が経験したことがないものですから
いつまで続くか、いつ終わるかなんて誰にも分らないじゃないですか。

ちょっと離れた一級ポイントの様子が気になるが、仲間が誰もそこには行っていないので詳細は不明。
一級ポイントでも釣れなくなったとしていたらそろそろ限界なのかもしれない。

うむ。

という訳で、ノーバイトでフィニッシュ。

26日

現場に着くと、ちょうどヤングメンの釣りの上手いS君がポイントに向かっている所でした。
2人で竿を出すが・・・いつもの時合17時前後になっても何も起こらない。
S君はお友達が一級ポイントの方に入ったとの事でそちらと合流するために離脱。
自分は居残りで18時半ぐらいまでを目途に続行・・・するものの
案の定何もない。

これはもうやばいのかな。タチ祭りからそろそろ撤退かな?
そんなことをジョルティミニ14gの表層あたりのリフトアンドフォールを試しながら考えていると
足元から5mぐらいのところでゴミに引っかかったような感触。
さらに次のキャストでも同じ位置でまた同じような感触。なんだこれ?
何が流れてんのよ?ていうかもしかしてタチなの?

ワーム部分をよく見てみる噛み跡が・・・マジか。もう一回・・・今度はその位置でフォールをちょっと入れてみるか。

201911270934200d3.jpeg

イエス!!3回目にしてやっと乗ってくれました。(18時01分)
このタチは自分の指4.2ぐらいあったのでかなりの大型のはずなのですが、
傷はふさがっていましたが、しっぽの大部分を食われてました。

引き続きジョルティミニで投げ続けると、本当に微かなバイトが岸際で得られる。
誰もいないので岸と並行にキャストして引いてくるとヒットしてくれました(18時7分)。

20191127093429027.jpeg

この魚の後も何回か甘噛みバイトがありましたが乗せれられず18時半になったので終了。

帰り際にS君に一級ポイントの様子を聞くと、時合はいつも通りの時間だったようで
乗り遅れはしたが、いい人は3本ぐらいあげていたとの事。
とりあえずはまだ大丈夫。タチは継続中ではあるようです。
引き続き狙っていきたいと思います。

【ヒットルアー】




関連記事
Posted byキュー

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply