5月のエリアトラウトまとめ

キュー

エリアトラウトは、競技性の高い釣りで自分がよくいくジョイバレーでは頻繁に大会が開催され、
その都度一般人は締め出される(貸し切り)ので、何かとアレなんです。
しかし、数釣り大好き&性格が悪い自分としては、

・数を釣れば称えられる

・他アングラーを釣果で叩きのめせば称えられる

・優勝すれば150万ぐらいもらえちゃう(ものもあるらしい)

そういう場である大会というものが非常に魅力的に感じました。

202105131815537ad.jpeg
※画像はあまり記事の内容と関係ありませんがこの前釣れたロックトラウト64㎝

トーナメンターでも目指してみるか?

一時期そう考え、修行をしようと思った。しかし・・・。
トーナメントルール縛りの、ひたすら巻きの釣りで修行を積むというのに耐えれそうもないので断念しました。
やはり行ったからには釣果を出したいので、巻きで釣れない場合どうしても縦釣りに逃げてしまうんですよね。
悶絶タイムに巻きの修行を続けられるほど自分は人間ができていないということです(笑)

20210513181609c91.jpeg

縦釣りをやっているおかげで、釣果は毎回安定してます。
巻き&縦を交えて50本は必ず釣るようにしています。
縦釣りをやれば、巻きで全く反応を得られない時間帯でも、ちょっと練習しコツを掴めば割と簡単に釣ることができます。

基本は巻きで釣るようにはしてます。基本である(らしい)スプーンでの釣りは本当に苦手で、
どうしてもクランクに頼る傾向があります。
クランクだと、自分の今の引き出しだとかなりスローな釣りになるので手返しが悪くなります。
スプーンでも軽いスプーンをスローに巻いて釣るのはしっくりときます(得意なわけではない)。
エリアでは巻きが速い釣り・・・例を挙げると、重い(重いといっても2.1gとか1.8g)スプーンを早めに巻くパターンの釣りが苦手になってしまいました。シーバスとは真逆なのが面白いです。

シーバスではどちらかというと速い釣りが好きで性に合ってます。例を挙げるとバイブレーションの超高速巻きとか、マニックを早めに巻いて釣るパターンとかですかね。ただしシーバスに関しては、スローな釣りも高レベルでこなせている自信があります。唯一苦手なのがワーミングですかね・・・。こればかりは全くダメです。おそらくレンジコントロールの問題なんでしょうね。

そうか・・・レンジコントロールかぁ。スプーンに関しても肝はそこにあります。
書いていて気が付きました。そこが自分の弱点なんですね。
なるほどね・・・。

とまあこんな感じで弱点に気が付けただけでもエリアやっている意味があるってもんです。
いや、なんだこの記事結局話がシーバスになってるし。まあいいや・・・。

まあ、何が言いたいかというと、そろそろソルトに戻る季節だなということですね。
ちょっとワーミング練習してみようかな・・・。
いや、エリアも続けますよ。3~4月見たく狂ったようには行きませんけれどもね。

やはり安近短は大事ですよね。いろんな意味で。
関連記事
Posted byキュー

Comments 2

There are no comments yet.
SHO  

久しぶりにキューさんのブログ見た。
書いてある事が理に叶ってますよね、読んでて納得。

色んな釣りをする事で、引き出しが増えるというのは正にこういう事だなと思います。考えて習得された技術は自分の身体にしっかりと残りますからね。

偉そうに書いちゃった(笑)
いつか絶対に釣果で勝ちます(笑)

2021/05/13 (Thu) 21:59 | EDIT | REPLY |   
キュー
キュー  

永遠に立ちはだかる万里の長城になってやるぞこの野郎!!(笑)

ワームのレンジコントロールって難しく、巻き上げたほうがいいんか巻きさげたほうがいいんかようわからんうちに、「かったるいからやめたろ!!」となるんすよね。まんまエリアでスプーンやってる時と同じなんすよね…。

2021/05/14 (Fri) 00:00 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply